ここから本文です

PROFILE

杜氏農口尚彦のぐち なおひこ

「酒造りの神様」の異名をもつ
日本最高峰の醸造家のひとり。
杜氏一家の三代目として生まれ、
若干16歳(1949年)で酒造りの世界へ。
能登杜氏四天王の一人と称され、
厚生労働省「現代の名工」(2006年)に選定、
黄綬褒章を授かる(2008年)

1970年以降低迷を続けた日本酒市場で
「吟醸酒」をいち早く広め、
吟醸酒ブームの火付け役であり、
また戦後失われつつあった
「山廃仕込み」の技術を復活させ、
「山廃造り」復権の立役者となった。
全国新酒鑑評会では連続12回を含む、
通算27回の金賞を受賞。
過去に携わった蔵では、菊姫「菊理姫(くくりひめ)」、
鹿野酒造「KISS of FIRE」などの銘酒を生み出す。
2017年 石川県小松市に農口尚彦研究所設立、
杜氏として就任。